キャノン一眼レフカメラで写真を撮ろう(ズーム・レンズの交換編)

写真撮影あれこれ

1 はじめに

前回の記事では、半押しの方法や、シーンインテリジェントオートモードを使った撮影について記述しました。

今回は、ダブルズームキットのキットレンズを使って、ズームの仕方や、レンズ交換の方法注意点について説明します。

 管理人が初めて買ったレンズ。EOS KISS 5のキットレンズ

 

 

2 ズームの仕方

レンズを交換できることが、一眼レフカメラの大きなメリットの一つです。

レンズを交換することで多彩な表現ができるようになりますし、

自分自身が動かなくても、標準ズームレンズをつけておけば、

広角(広い範囲を写す)から望遠(被写体を引き寄せる)までをカバーすることができます。

旅行や飲み会で友達と一緒に写真を撮るときには広角側を、

鳥など近によれないものには望遠側を使います。

広角と望遠の切り替えはとても簡単です。

カメラのレンズには数字が書かれています。

 

この数字が小さければ小さいほど広い範囲が写ります。

 逆に大きければ大きいほど遠くにいる被写体を近づけて

撮影することができます。

同じ場所、同じ時間に広角側と望遠側で写した写真

キットレンズの標準ズームレンズ広角側と望遠側で写した写真

キットレンズの望遠ズームレンズの広角側と望遠側で撮影した写真

 

 

広角側と望遠側の切り替えは・・・・・

①  広角側(広い範囲を撮影するなら)
ファインダーをのぞきながら、ズームリングを右に回す。

 

②  望遠側
ファインダーをのぞきながら、レンズを左方向へ回す。

 

 

これだけ覚えておきましょう。

3 レンズの交換をしよう
続いてはレンズ交換の仕方を覚えましょう

①  レンズ交換の仕方

レンズを交換するときは、まず、赤で囲まれたカメラの左側にあるうボタンを押します。

ボタンを押しながら右方向へ回しましょう。

この時滑って落とさないように注意しましょう。

②  レンズ交換時の注意点
先ほども書きましたが、レンズを交換するときは、手を滑らせて落とさないようにしましょう。

特にレンズの接合部分はとても繊細です。

軽くぶつけて、少しの歪みがついただけでカメラに取り付けることができなくなってしまいます。

万が一落とすことがあってもダメージを少なくするために、

 

レンズ交換時は、できる限り低い姿勢をとりましょう。

 

また、レンズ交換時はカメラのマウント内にほこりが入ることが

あります。

ほこりが入ると写した写真に細かな点として映ってしまうことがあります。

できるかぎり素早い交換を心掛けましょう。

4 まとめ
この記事では、レンズのズームの仕方・着脱について記述しました。
・広角側:ズームリングを左に回す
・望遠側:ズームリングを右に回す
・レンズ交換時は低い姿勢で行う
・ほこりの侵入を防ぐため、素早く着脱を行うこと
以上の点について解説しました。  それではまた。

タイトルとURLをコピーしました