写真の明るさをきめる露出とは(絞り・シャッタースピード・ISO感度)

写真撮影あれこれ

こんにちは、mnjkブログ管理人です。

一眼レフカメラで写真を撮影していると、同じ設定でとっていても場面によって

明るくなったり、暗くなったりすることってありませんか。

撮影された写真の明るさのことを露出といいます。

適正な明るさの写真にするために、露出の基礎を学んでおくことは必要不可欠です。

今日は写真の露出についての話をします。

目次

1写真の明るさ(露出)を決める3つの要素

2露出オーバー 露出アンダーこんなときどうする

3カメラで露出補正をしてみよう

4まとめ

 

写真の明るさ(露出)を決める3つの要素

写真の明るさを決めているのは、シャッタースピード ②絞り ③ISO感度の3つです。

 ポイント 露出:シャッタースピード・絞り・ISO感度の3つの要素できまる。

それぞれについて解説します。

シャッタースピードとは

カメラのイメージセンサーに光を取り込む際に、シャッターをあけている時間のことです。

被写体を撮影する際に、

シャッタースピードを早くすればするほど

動きの止まった写真になります。

逆にシャッタースピードが遅ければ

動きのある写真にります

以下の写真を比較してみましょう。

水の流れをそれぞれシャッタースピード1/10と1/4000で撮影した写真です。

シャッタースピード1/10で撮影した写真

シャッタースピード1/4000で撮影した写真

シャッタースピード1/10で撮影した写真は動きがある雰囲気になっているのに対し、

シャッタースピード1/4000で撮影した写真は水しぶきが止まっています。

ポイント シャッタースピードが速い動きをとめることができる。

     シャッタースピードが遅い流れのある写真になる。

 

絞り

次に絞りです。絞りは、目でいう水晶体の役割をします。

絞りをしぼれば絞るほど遠くまでピントの合った写真になります。

逆に絞りの値を低くすればピントの合う距離が短くなります。

なお絞りは絞れば絞るほど光を取り込める量が少なくなり

開けば開くほど取り込める量が多くなります

 

絞りのイメージは水道で考えるとわかり易い

絞り値が高い場合:遠くまでピントが合うが、出てくる水(光)の量は少なくなる。

絞り値が低い場合:ピントの合う範囲は狭くなるが、でてくる水(光の量)は大きくなる。

 

また、絞りのことを別の言い方でF値といいます。

なおピントがあっている範囲のことを被写界深度といいます。

近くにあるものを撮影して風景をぼかしたい場合は、F値を小さく、

風景のように遠くまでピントを合わせたい場合はF値を大きくすると

覚えておきましょう。

ポイント:F値が小さい背景がぼける(光がたくさん入ってくる)

     F値が大きい遠くまでピントがある(光が少ししか入ってこない)

被写界深度とは:写真のピントが合っている距離のこと

ISO感度

最後にISO感度です。読み方は、ISO(アイエスオー感度)あるいはISO(イソ感度)

どちらでも大丈夫です。ISO感度は、明るさを感じる度合いのことをさします。

ISO感度を低くすれば光を感じることができにくくなる反面

ざらつきのないきれいな写真になります

一方でISO感度を上げれば上げるほど、光を感じる強さはあがりますが、

ざらざらとした感じの写真になります。

下記写真を比較してください。同じ撮影条件の下ISO100

ISO6400で撮影した写真です。

ISO100で撮影した写真

ISO6400で撮影した写真

つづいてそれぞれの写真の一部をトリミングしました。

ISO100で撮影した写真

ISO6400で撮影した写真

ISO100で撮影したほうはノイズが出ないのに対し、

ISO6400で撮影した写真はざらつきが出ていると思います。

 

ポイント ISO感度が低い光を感じにくいが、きれいな写真になる

     ISO感度が高い光を感じやすいが、ざらつきのある写真になる

露出オーバー露出アンダーこんなときどうする

写真の明るさは、上記で説明した3つの要素によって決められます。

それでは、撮影状況別に、どの要素を変えていけば適正露出を得られるかを記述します。

露出アンダー・露出オーバーという言葉を覚えてください。

露出アンダー:写真全体が暗くなること

露出オーバー:光を取り込みすぎて、写真全体が白っぽくなること

露出アンダーの写真 全体が暗い感じになる

露出オーバーの写真 全体が明るすぎる

適正露出

条件1:被写体の動きを止めたい場面で暗い写真(露出アンダー)になった。

改善:絞り値を小さくする or ISO感度を上げる

 

条件2:被写体の動きを止めたい場面で白い写真(露出オーバー)になった。

改善:更にシャッタースピードを上げる or ISO感度を下げる

 

条件3:暗い場所で撮影したら暗く(露出アンダー)になった

改善:絞り値を下げる or  ISO感度をあげる

こんな感じで調整してみてください。

カメラで露出補正をしてみよう

キャノンのカメラには、カメラ自体に露出補正機能がついています。

バーが右にいけばいくほど明るくなり、左に持っていけば暗くなります。

露出補正がしづらい場合はこちらも試してみてください。

まとめ

本記事では、写真の明るさを決める3つの要素について記述しました。

写真の明るさはこの3つの関係で決まっているので、撮影状況と

自分が写したい写真をイメージしながら設定を変えてみてください。

最初はかなり難しいと感じるかもしれません。そんな時は実際に外へ出て

撮影してみることをおすすめします。ぶっちゃけ僕も、外で実践して感覚で

覚えました。調整ができるようになると写真表現の幅が広がるのでがんばってください。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました